水辺の活動 勉強会

夏のシーズンを前に「多摩川で気軽に体験!」がコンセプトの、どなたでも参加できる講座です。カヌー、Eボート、ガサガサ魚とりなどの楽しい水辺のアクティビティを体験してみませんか。

個人や家族で楽しむ川遊びから、学校や団体、地域の活動でも活かせる、楽しく安全に遊ぶためのノウハウも盛り沢山で、初心者でも安心です。

  • BUC認定
  • 日帰り講座
開催 2015年スタート
開催時期 5月末〜6月初旬(年1回)
参加費 2,500円
会場 府中市 多摩川河川敷
講師 岩越 健(NPO法人 野外遊び喜び総合研究所)

インフレータブル カヌー、 Eボート
当日は2人乗りのカヌーと10人ほどで乗りこむEボートの両方を体験することができます。空気で膨らませる船体(インフレータブル)は浮力があり、安定した乗り心地です。
普段はいくことができない水上からの景色を愉しみながら、アクティビティを満喫しましょう!

水のアクティビティ 初心者でも安心
フローティングベスト(PFD)の正しい身につけ方から、パドリングなどのカヌーの漕ぎ方を専門のインストラクターが丁寧にレクチャーします。
もしもの時に経験があると助けになる、ロープレスキューの練習なども行ないます。

河川は身近な自然
会場の多摩川には驚くほど色々な生き物が生息しています。せっかくなのでEボートを漕いでちょっと足をのばした先では「ガサガサ魚とり」も行ないます。
インストラクターにやり方を教わって、ほんの数十分アミをふるうと 川エビ、モツゴ、ウグイ、メダカ、ナマズなどの水辺の生き物と出会うことができます。

安全で楽しく、快適に活動するために
たっぷり体験した後は、水辺の活動を専門とする講師から安全で楽しくアクティビティを行なうためのノウハウを、講義形式で教わります。活動場所の選び方やチェックしておく地形・危険箇所のポイントなど、長年の蓄積に基づいた幅広い内容です。
アクアシューズやフローティングベスト(PFD)などのギア類などを選ぶときのポイントや、気象条件、子ども達に指導する時のコツなど、細かい疑問にも的確に答えます。

こんな人にもオススメです

  • 水辺で体験活動をする際の運営ノウハウや安全への配慮、装備についてプロから学びたい人
  • サマーキャンプなどで子ども達を引率する機会のある人、PTAや学童、地域でボランティアをしている人
  • 水辺のアクティビティ未経験の人、まずは一度体験してみたい人

講座概要

主催
東京都キャンプ協会
開催時期
例年 5月末から6月初旬に年1回 開催
対象
18歳以上ならどなたでも
※ 20歳未満の方は保護者様の同意が必要となります
※ 高校生の参加は事務局までご相談ください
参加費
2,500円
募集人数
定員 40名
会場
府中市・郷土の森公園 バーベキュー場周辺
※ 詳細なアクセス情報は別途お知らせいたします

BUC 認定事業

この講座は日本キャンプ協会のBUC認定事業です。キャンプ指導者資格をお持ちの方はBUC事業に参加後に「参加登録」の手続きをすると資格更新料一部が免除される制度が利用できます。

当日の予定スケジュール(晴れのとき)

9:00 受付開始/開会式
10:00 カヌー体験
11:00 Eボートでガサガサ魚とり
12:00 昼食(各自持参)
13:00 講義・ふりかえり
14:00 Q&A/閉会式

開催日当日が荒天のとき

荒天の場合、もしくは増水等で川での活動が難しい場合は、会場を近隣の会議室などに変更し、座学中心の内容で行う予定です。荒天時開催の場合は参加費は半額になります。
会場の決定は当日の朝に、協会ホームページにてお知らせします。
キャンプ指導者資格をお持ちの方は、雨天開催の場合も参加すれば BUC認定事業となります。

現在こちらに掲載している情報・予定スケジュールは、前回(2018年6月2日実施)のものです。
次回、2019年の開催日程は未定です。

講師プロフィール

岩越 健

岩越 健 ken Iwakoshi

1972年1月3日 東京都生まれ。あばれんぼキャンプ ディレクター。年間1000名を超える子たちとカヌーを通じて出会える生活を送っている。カヌー体験、サイエンス体験プログラム等を担当。

NPO法人 野外遊び喜び総合研究所

お手伝いします
水辺の自然体験活動。川や海でのアクティビティ。

東京都キャンプ協会ではキャンプの活動だけでなく、水辺での体験活動や、海や川でのアクティビティのご相談・ご依頼も随時受付けています。

  • イベント企画
  • 学校、企業、団体への講師派遣
  • 指導者研修・講演

メールフォームから問い合せる